• トップページ
  • 年間行事計画 保育園の一日
  • 特別保育・スクール
  • おたより
  • 園のようす
  • 入園案内
  • 書式ダウンロード
  • 一時保育
  • 休日保育の案内
  • アクセス・お問い合わせ
  • 情報公開
一時保育受付中

休日保育のご案内

img_top

休日保育(市内園に通うの2・3号園児すべて対象)

休日保育は就労証明書にて、ご両親の休日就労、又は保育に欠ける事が証明でき、市役所の休日保育認定の認められた方が利用できるサービスです。

当園園児は、別途「時間外保育」の申請もお願いしております。 定員は休日に出勤する職員が2名の為、利用園児の年齢により4人から8人程度の人数を予定しています。
尚、当園の休日保育は、給食の提供がない為、午前・午後のおやつ、ミルク、お弁当を毎回持参していただく事になります。

申し込みは下記、「Airリザーブ」サイト(リクルートが運営しているサイト)より24時間、休日保育の予約を行います。希望日30日前の午前0時~3日前の午前0時までの間、先着順で予約ができます。予約が埋まらないときは引き続き予約ができます。予約が取れない場合でもキャンセル待ちにしておく事で、月齢人数調整し予約が成立することがあります。この予約システムでの連絡はすぐに利用者が登録したメールに送信されます。その他市内4園の休日保育も状況によりご利用できます。

石原かがやきこども園では8:00~16:00(無料)16:00~17:00(30分300円実費)の時間帯が利用できます。実費料金は4園共通料金です。

※ご予約の前に市の申請書の提出、児童状況登録書の提出がお済で、市役所より認定証が支給されているかご確認後、下記より予約してください。確認ができない場合は園側からキャンセルさせて頂く場合がございます。

キャンセルはこちら
(休日専用連絡・予約キャンセル)

休日保育について:
日曜日や祝日に就労などにより保護者の方がお子さまを保育できない場合に、お子さまをこども園にてお預かりいたします。
対象:
2号・3号認定を受けて、認可保育所又は認定こども園に入所している乳児(生後6ヶ月から)・幼児
保育時間:
日曜・祝祭日
午前8時から午後4時(原則)+1時間(午後5時まで)
保育料:
無料 (毎月の保育料に含まれます)
*但し、8時間以上(16時以降)の利用の場合は30分300円がかかります(その都度現金で徴収させていただきます)
定員:
保育教諭2人で預かれる人数
*お預かりするお子さんの月齢構成でお預かりする人数が変わります。
利用申込方法:
高崎市指定「休日保育申込書」に記入していただき、電話にて面談の日時を決めます。
(年度ごとに一度提出していただきます)
受け入れ予約:
「Airリザーブ」サイト(リクルートが運営しているサイト)より24時間、休日保育の予約を行います。希望日30日前の午前0時~3日前の午前0時までの間、先着順で予約ができます。予約が埋まらないときは引き続き予約ができます。予約が取れない場合でもキャンセル待ちにしておく事で、月齢人数調整し予約が成立することがあります。この予約システムでの連絡はす利用者が登録したメールに送信されます。 http://airrsv.net/kagayki/calendarにアクセスしてください。 ・初めての方は下記連絡用のメールに連絡いただければ、上記URLを送信させていただきます。 石原かがやきこども園の「休日保育」のページにもUPしていますのでそちからでもアクセスできます。 kagayakikyuzitu@yahoo.co.jp (連絡・予約キャンセルメール)
利用日当日持ち物(すべてにしっかり記名をお願いします):
  • ① 着替え一式(2~3組) 必要に応じてオムツ4~5枚 おしりふき
    食事用エプロン・口拭き 0~2歳3枚ずつ
  • ② 午睡用布団
  • ③ ビニール袋 2枚(汚れ物入れ)
  • ④ 手ふきタオル
  • ⑤ お弁当・おやつ *箸・スプーン・哺乳瓶・マグマグ等も持参してください。
    • ○以上児(3・4・5歳) お弁当・午後おやつ(せんべい1~2袋)
    • ○未満児(0・1・2歳) 午前おやつ(ヨーグルト・ゼリーなど)
    • お弁当(ミルクを飲む場合は持参してください)
    • 午後おやつ(せんべい1~2袋)
    *麦茶(コップ)・白湯は園で用意します。
  • ⑥ 帽子
健康安全:
・朝、体温を計り、健康状態を把握してから登園させてください。
・熱がある時、伝染性の病気、薬持参の時はお預かりできません。
・アレルギー有無について事前にお知らせください。
・保育中に発熱(37.8度)の場合は連絡させていただきます。
その他:
・休日保育を利用する場合は保護者の休日に合わせて、普段通っている施設を一週間に一日は休むようにしましょう。
・在籍園に、お子さまのことで問い合わせをする場合があります。
各ファイル:
img_bottom